フケ 原因

気づくと肩に何やら白いものがたまっている・・・
オフィスデスクで少し頭をかくと、
ぱらぱらと白いものが落ちてくる。。。

 

そうあなたを悩ませるのは【フケ】
シャンプーでしっかり洗っているのに、
フケが直らないのであれば、
まずはフケの原因をつきとめる必要があります、

 

フケが出過ぎているのは異常な状態です。
正常な頭皮環境へとしてあげましょう。

 

フケの原因とは?
先ほども少し触れましたが、
フケがどんどんと落ちてきてしまうのは
頭皮が異常な状態になっています。

 

どんな状態かというと、
頭皮のバリア機能が低下し、
乾燥しやすくなってしまっている。

 

乾燥するとかゆみもでてきて、
少し爪でかくだけで、フケが出てきてしまうのです。

 

しかしフケの原因は乾燥だけではありません。
実は反対に皮脂が多すぎても
フケは発生してしまうのです。

 

その時にでるのは油っぽいべたっとしたフケになります。

 

フケの原因がわかってきましたね。
あなたはどのタイプのフケでしょうか?

 

次の章でフケの正体、フケの種類別の対策を書いていきます。

 

 

まずフケの正体とは?

フケは頭皮の一番外側の皮膚がはがれて、
落ちていくもの。

 

このように皮膚の一番外側の部分は頭皮だけではなく、
皮膚全体に起きているもので、新陳代謝がおきているのです。
古い細胞は外へと押し出され、内側から新しい細胞が出てくるのです。

 

なので、少量のフケはどうしても出てしまうもの。
ただし、肩にたまってしまうほどの量のフケというのは、
出過ぎている状態です。

 

フケには2種類ある。

 

先ほどの章でも説明しましたが、フケにも種類があります。

 

それは乾燥しがちの頭皮から出る
ぱらぱらとした乾燥した状態のフケ。

 

もう一つは、べたついている頭皮からでる
べたっとした大き目のフケ。

 

乾燥した状態のパサパサした状態のフケが出る原因は
バリア機能の低下と書きました。

 

ではなぜバリア機能が低下してしまうのかというと、
頭皮が受けているダメージが原因です。

 

たとえば、ごしごしと洗浄力の強いシャンプーで洗ったりすることです。

 

シャンプーは人が使う洗浄剤の中でも
トップを争うほどの強い洗浄力だとも言われています。

 

そんなシャンプーで毎日頭を洗っていれば、
頭皮の油分は根こそぎとられてしまって、
極度の乾燥状態になってしまうのです。

 

その結果つねに乾燥して、頭皮の表面がはがれやすく、
それがかゆみや不快感となり、
少し触れるだけでもフケとなって落ちてしまうのです。

 

このような状態になっている場合は、
頭皮の油分をとりすぎないような
頭皮にやさしいシャンプーに切り替えてあげることが大切です。

 

このように切り替えないで、そのままにしておくと、
フケやかゆみが悪化して、頭皮の湿疹、炎症などにもつながってしまいますので、
早めに対策をしたいですよね。